スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
エキノコッカス症
- 2007/07/29(Sun) -
今日は

エキノコッカス症

について編集しました。特にアカデミックな話するつもりはないですが、北海道でうちの大学にも狐ちゃんはいまして、たまに病院の前に通っていたりします。昔北海道旅行に行った時観光客がが狐に近寄って餌あげてました。
その時、こわいなーって思ったんです。すごい人懐っこいきつねちゃんで、俺の近くにも「なんかちょうだーい」って来たんですけど、俺は怖くて触れなかったです。

接触で感染はしないです。たしかに!wikiにも書きましたが、中間宿主どうし、終宿主同士は感染しないです。ある地域が水や土が汚染されているとそれを介して感染しますけど、体表に虫卵がいないとも限らないので・・・

あと治療で外科的治療の事について、うちの大学に持ち込まれた事はないですが、寄生虫学教室でなんか一回調査していると言うのを聞いた事があります。
人間が感染して自覚症状が出た段階での回復はあまり良くないです。外科的処置は感染が確認できて、病巣がどこか確定できて初めて実行できる事ですし、100%発見でき、取り除ける手技が確立されれば話は別ですが・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 獣医志Wiki | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<獣医学部の学生向けの教科書って? | メイン | 薬剤耐性菌>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://jyuisiwiki.blog114.fc2.com/tb.php/6-dd527e8a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。